ホーム > 学科・コース > 観光科 > 観光に関わる仕事って何がある?

観光に関わる仕事には、どんなものがあるの?

観光関係の仕事に就きたいと漠然と思ってはいても、どんな種類の仕事があるかまでは把握できていないという方もいるかもしれません。ここでは、観光産業の代表的なお仕事をご紹介します。

将来、観光産業に携わりたい方は、ぜひ選択肢の参考にしてください

観光に関わる職種をご紹介します

ツアーコンダクター(添乗員)

ツアーコンダクターは、添乗員とも呼ばれ、団体旅行やツアー旅行でお客様の引率・スケジュール管理などの業務を行います。出発前に参加者の点呼を取ったりスケジュール調整、ホテルのチェックインなど、お客様が安全・快適に旅を楽しめるように働きます。

現地ガイド

現地ガイドとは、海外旅行に訪れたお客様に対し、現地の案内をするお仕事です。
多くの場合、海外に住んでいる方が現地ガイドとして働いており、慣れない海外でも快適に過ごせるよう、観光案内からホテル・レストランの手配、ショッピングの付き添いまであらゆる面でお客様をサポートします。

ツアープランナー

ツアープランナーは、旅行の企画をするお仕事です。
パッケージツアーの企画から、対面でお客様のご要望を聞き、最適なホテル・交通手段の案内・手配なども行います。
ツアーコンダクターとして、自分の企画したツアーの添乗員業務をすることもあります。

旅行会社カウンタースタッフ

旅行会社カウンタースタッフは、名前通り、旅行代理店などのカウンター業務を行う仕事です。
訪れたお客様にツアー旅行を販売するほか、日程の調整やチケット類の販売まで、窓口として様々な業務にあたります。
ただ商品を販売するだけではなく、旅行の相談を受けることもあるので、旅行先に関する知識も必要です。

空港スタッフ

空港スタッフとは、空港でカウンター業務にあたっているスタッフのことです。
航空機で働くフライトアテンダントと区別し、グランドスタッフと呼ばれることもあります。
お客様の誘導や案内、手荷物の受付など、空港から「出るまで」と「到着後」のお客様サポートを行います。

観光ホテルスタッフ

観光ホテルスタッフは、観光ホテルで働いている人の総称です。
フロント業務から客室スタッフ、レストランなど、観光ホテル内での業務・職種は細かく挙げればさまざまな種類があります。
共通するのはお客様を「おもてなし」するプロフェッショナルということで、旅で疲れたお客様をあたたかく迎え、快適に過ごせるようにします。

まとめ

観光に関わる仕事には、旅行の企画から現地スタッフまでさまざまな職種があり、働く場所も、空港やホテルまでさまざまです。
今回は代表的な観光関連のお仕事として6種類ご紹介しましたが、ここで紹介したもの以外でも観光に関わる仕事はたくさんありますので、「観光に関わる仕事」に興味のある方は是非一度オープンキャンパスにご参加くださいね。

オープンキャンパス

↑ コース体験一覧はこちら ↑

様々なプログラムがございますので、お気軽にご参加ください。

- 卒業生が活躍中! -

  • hotel_170313_2

    ホテル業界

    フロントスタッフ

    ホテル日航成田

    本田 安紗美

    茨城県立麻生高校 出身


     

  • yabusaki_travel

    トラベル業界

    ツアーセールス

    東日観光

    薮崎 拓也

    柏市立柏高等学校 出身


     

  • airline_170313

    エアライン業界

    グランドスタッフ

    株式会社JALスカイ

    羽田 藍

    茨城県立鹿島高校 出身


     

PICK UP

  • お仕事ガイド
  • 学費サポート なんと在学中の学費が0円
  • チャイルドケアオブザーバー
  • よくある質問
  • 職業実践専門課程
  • 旅程管理主任者研修のご案内
  • ベスト進学ネット
    • Facebook
    • LINE
    • LINE
  • Facebook
  • LINE
  • LINE

オープンキャンパス

パンフ請求

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校