ホーム > 学科・コース > テーマパーク科 > テーマパーク科 テーマパークコース > テーマパークスタッフの1日はどんな感じ?仕事内容や勤務時間を解説

テーマパークスタッフの1日はどんな感じ?仕事内容や勤務時間を解説

テーマパークスタッフとして働く人が、どのような1日を過ごしているのか、テーマパークにはどんな仕事があるのかをご紹介します。

テーマパークスタッフの仕事

テーマパークスタッフの仕事は、接客担当の受付や各アトラクションのキャスト、施設内設備の運行管理、レストランやショップのスタッフが多いです。同時に、事務職やアルバイトの管理、イベントの管理に広報といった裏方の仕事も豊富なので、自分の個性やスキルを活かして働けるようになっています。

テーマパークスタッフの勤務時間・休日

テーマパークスタッフの勤務時間は、原則的にテーマパークの開園前から閉園後までです。園内の掃除やメンテナンス、イベントの企画立案などで早朝や夜遅くまで働く場合もありますが、多くのテーマパークは営業時間が決まっているため、繁忙期以外は残業をあまり考えることなく働けます。また開園時間が長い場合には早番・遅番などのシフト勤務制が一般的です。

テーマパークは土日や大型連休中に忙しくなるので、カレンダー通りに休むのは難しいでしょう。アルバイトやパートスタッフは急な体調不良等で休む場合もあるため、正社員はなんとか代役を確保したり、自分の仕事とは別に一部アルバイトの仕事を担当したりして乗り切ることもあります。
そのかわり、忙しくない時期であればシフトや休みの調節をしやすい面もあります。

テーマパークスタッフの1日

テーマパークスタッフとして働く人は、職種によって1日のスケジュールがまったく違います。今回ご紹介するのは、正社員としてテーマパーク全体の管理を担当するスタッフの1日です。

正社員の場合、出社時間は開園の1~2時間前となります。早目に出社したら着替えて朝礼を行い、団体客の予約や前日にあったトラブルといった連絡事項・注意事項を共有します。まず全体朝礼を行い、その後、各アトラクションやショップごとの朝礼となります。また、当日急な欠勤が出てスタッフが足りなくなった場合、問題なく営業できるように人員の配置を変更したりかわりのスタッフを確保したりします。早朝や夜間の勤務はありますが、ハロウィンやクリスマスなど季節でのイベント前以外は他の観光業界の仕事に比べ、比較的宿泊での勤務は少ない傾向にあります。

開園時間になったら、お客さまの対応やスタッフへの指示出しなどをしつつ現場チェックを実施。合間を見て休憩を取り、閉園したら報告書などを書いて終業です。

まとめ

テーマパークスタッフの仕事は、来場するお客さまにテーマパークスタッフを楽しんでもらうためのもの。職種や繁忙期にもよりますが、接客や企画などさまざまな働き方があります。
仕事によって働く時間や給与面、やりがいも変わってくるので、どの仕事が自分に合っているかをよく考えて選びましょう。

オープンキャンパス

↑ コース体験一覧はこちら ↑

様々なプログラムがございますので、お気軽にご参加ください。

- 卒業生が活躍中! -

  • yabusaki_travel

    トラベル業界

    ツアーセールス

    東日観光

    薮崎 拓也

    柏市立柏高等学校 出身


     

  • hotel_matsuno01

    ホテル業界

    レストランスタッフ

    ヒルトン東京ベイ

    松野 志保

    千葉県立市原八幡高校 出身


     

  • shinozuka_hotel

    ホテル業界

    フロントスタッフ

    シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

    篠塚 巧真

    東京学館高校 出身


     

PICK UP

  • お仕事ガイド
  • 学費サポート なんと在学中の学費が0円
  • チャイルドケアオブザーバー
  • よくある質問
  • 職業実践専門課程
  • 旅程管理主任者研修のご案内
  • ベスト進学ネット
    • Facebook
    • LINE
    • LINE
  • Facebook
  • LINE
  • LINE

オープンキャンパス

パンフ請求

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校