ホーム > 学科・コース > 鉄道科 > 鉄道・交通サービスコース > 職業紹介のまとめ!鉄道に関わる仕事にはどんなものがあるの?

職業紹介のまとめ!鉄道に関わる仕事にはどんなものがあるの?

交通インフラを束ねる各鉄道の運営会社は、不動産や商業ビルの運営など、鉄道だけでなく複数の事業を展開しています。鉄道関連の仕事といっても、職種によって働き方や活かせる能力はさまざま。
今回は、鉄道に関わる仕事をご紹介します。

鉄道に関わる仕事について

事務職

従業員の人事、社員寮の管理、広大な土地を必要とする鉄道業に必須の土地確保や税関連の手続きなど、鉄道会社の社員が働く上で必要不可欠なバックアップをするのが事務職です。多くの鉄道関連企業では正社員と派遣社員両方の働き方があり、地域や全国規模で広く事業をしている企業の場合、転勤もあります。また、鉄道のファン獲得を目的としたイベントや企画展、列車とブランド・キャラクターのコラボレーション、CM立案なども事務職の仕事です。

技術職

鉄道に関わる仕事のなかで、もっとも職種が多いのは技術職でしょう。交通インフラの安全性を守るため、列車の管理やメンテナンスなどをする職種となっています。具体的には、線路やトンネル、橋などの状態を調べてメンテナンスをする「保線」業務や、各車両の点検・整備・修理・改造を行う「車両整備」、駅舎の改修や線路の敷設などを業者と協議しながら実施する「土木」などです。また、各路線のダイヤを作成したり、列車が衝突したり遅れたりしないように管理する業務が「運行管理」です。人身事故等で急なダイヤ変更があった場合、指令所と呼ばれる管理施設から無線等を使ってリアルタイムで各運転士へ指示を出し、二次災害を防いだりダイヤの乱れを一刻も早く回復させたりする仕事です。
エレベーターなどの駅設備をはじめとして、鉄道の動力である電力を管理するために必要な変電所の運営、信号機や踏切といった線路上にある保安設備の維持・管理をする「電気・通信」関連の仕事も技術職となります。
どの職種が欠けても鉄道の安全な運行を実現できないため、重要性の高い職種です。

現業職

駅の係員や列車の車掌、運転士などを現業職と呼びます。その他鉄道警備なども含め、お客さまと直接触れ合う機会の多い職業なので、コミュニケーション能力やビジネスマナーは必須です。泊まり勤務や変則的なシフト勤務も多く、環境の変化に対応できる体力と柔軟性、時間管理能力も強く求められます。また、乗客の命を預かる車掌、運転士になるためには、厳しい試験をクリアする必要があります。
最近では駅ホーム業務を鉄道警備会社に委託をしたり、車掌業務の一部をパーサーやグリーンアテンダントと呼ばれる業務に委託するなど鉄道会社以外への就職でも業務を担当することができます。

まとめ

鉄道関連の仕事は種類が豊富です。職種によって求められるスキルや資質が違うため、鉄道業界へ進むなら、自分の適性に合った仕事、やりがいを感じる仕事はどれなのかをよく考えましょう。

オープンキャンパス

↑ コース体験一覧はこちら ↑

様々なプログラムがございますので、お気軽にご参加ください。

- 卒業生が活躍中! -

  • bridal_isiwatari

    ブライダル業界

    フラワーコーディネーター

    株式会社テイクアンドギブ・ニーズ

    石渡 香奈恵

    拓殖大学紅陵高校 出身


     

  • suwa_airline

    エアライン業界

    エアカーゴ・オフィスワーク

    日本通運株式会社

    諏訪 裕一

    千葉県立富里高校 出身


     

  • nagasaka_hotel

    ホテル業界

    コンシェルジュ

    ホテル ザ・マンハッタン

    長坂 理江

    千葉県立木更津東高校 出身


     

PICK UP

  • お仕事ガイド
  • 学費サポート なんと在学中の学費が0円
  • チャイルドケアオブザーバー
  • よくある質問
  • 職業実践専門課程
  • 旅程管理主任者研修のご案内
  • ベスト進学ネット
    • Facebook
    • LINE
    • LINE
  • Facebook
  • LINE
  • LINE

オープンキャンパス

パンフ請求

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校