ホーム > 学科・コース > テーマパーク科 > テーマパーク科 テーマパークコース > 就職先の幅が広い!イベントに関わる仕事とは

就職先の幅が広い!イベントに関わる仕事とは

イベント関係の職業は、働ける世界が限られているように感じる人もいるでしょう。しかし、イベント系職業の多くは技能職なので、才能や実績次第でいくらでも活躍の場を広げることも可能です。
今回は、イベントに関わる仕事をご紹介します。

イベントに関わる仕事の種類

イベントスタッフ

ジャンルを問わず、ある程度規模の大きなイベントを開催する場合、開場の設営から現場の音響、照明、来場者の誘導に救護・警備など数多くの業務を担当するのがイベントスタッフです。会場の設営をしたり、急な機材トラブルなどに対応したり、イベント出演者との交渉をしたりもします。

また、企業系のイベントならイベントコンパニオンも必要です。笑顔や見た目の美しさを活かして働けるイベントコンパニオンは、モデルの副業としてやっている人も少なくありません。ビジネスマナーやエンターテイメントの技術を身につけるうえで、テーマパーク科のある学校は狙い目といって良いでしょう。

イベントプランナー

イベントの企画立案を行うのがイベントプランナーです。参加したいと感じさせるようなイベントを考案する能力と、多数の協力者と連携するためのコミュニケーション能力の両方を求められます。優秀なイベントプランナーは引く手あまたで、実績さえあれば独立も可能。重要なのはアイデアなので、プランニングの基本をテーマパーク科で学んでいれば、自治体のイベントや結婚式場のイベントなどでも業界を問わず活躍できます。

イベントプロデューサー

イベントを形にするために動く現場指揮官がイベントプロデューサーです。イベントを開催し、成功させるために必要な予算の手配・会場の予約・各業者への指示出しなどを担当します。

業者からアルバイト、スポンサーまで非常に多くの人と関わることになるため、人脈やコミュニケーション能力、情報処理能力は必須。場合によっては、イベントプランナーを兼任する場合もあります。

大きなイベントになればなるほど実績や経験のある人が限られてくるため、キャリアを積んでいけば手がけるイベントも大きくなっていくでしょう。また、音楽系のイベントやダンスイベント、全国にあるテーマパークのイベントに旅行会社のイベントなど、イベントさえあれば業界をまたいで働くことができます。

まとめ

イベントの仕切りやプランニング、プロデュースを学ぶなら、定期的にイベントを開催している観光業やテーマパークへの就職がおすすめ。イベントに関わる仕事は、基本を学んで経験を積み、実績を持てばジャンルに関係なくさまざまな業界や会社で活躍できる職業です。

オープンキャンパス

↑ コース体験一覧はこちら ↑

様々なプログラムがございますので、お気軽にご参加ください。

- 卒業生が活躍中! -

  • yamamoto_airline

    エアライン業界

    エアカーゴ・オフィスワーク

    株式会社ANA Cargo

    山本 彩奈

    千葉県立四街道高校 出身


     

  • travel_kawashima

    トラベル業界

    カウンターセールス

    株式会社JTB首都圏

    川島 菜摘

    千葉県立東金高校 出身


     

  • noguchi_bridal

    ブライダル業界

    ジュエリーコーディネーター

    プリモ・ジャパン株式会社

    野口 真理

    千葉県立小見川高校 出身


     

PICK UP

  • お仕事ガイド
  • 学費サポート なんと在学中の学費が0円
  • チャイルドケアオブザーバー
  • よくある質問
  • 職業実践専門課程
  • 旅程管理主任者研修のご案内
  • ベスト進学ネット
    • Facebook
    • LINE
    • LINE
  • Facebook
  • LINE
  • LINE

オープンキャンパス

パンフ請求

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校