ホーム > 学科・コース > 鉄道科 > 鉄道・交通サービスコース > 1日の流れを紹介!鉄道運転士の仕事内容や生活の様子を見てみよう

1日の流れを紹介!鉄道運転士の仕事内容や生活の様子を見てみよう

鉄道関係の仕事として、業界内でも人気の高い職種の一つが列車を動かす鉄道運転士です。ただ、鉄道運転士といっても、毎日鉄道の運転だけをしているわけではありません。

今回は、鉄道運転士に興味のある人へ向けて、鉄道運転士の仕事内容と1日の流れをご紹介します。

鉄道運転士の仕事内容

運転前の準備

鉄道運転士をするうえで、一番大切なのは乗客の安全を守ることです。毎日、出勤時に点呼を受け、列車へ乗り込む前に車両のチェックを行います。アルコールが残っている状態だと判断力に支障をきたすため、アルコール検査も必須です。

貨物の輸送などもあるので、鉄道運転士は24時間勤務の交代制となります。前任者から運転を引き継ぐ場合は、運転前にダイヤの確認や運行上の注意点などの引き継ぎも必要です。

鉄道の運転 トラブル対応

業務中は信号や踏切、ブレーキの操作などを間違えないよう注意深く運転します。

なお、人身事故や車内でのトラブルなど、鉄道の運行中は思わぬトラブルが起きることも少なくありません。車掌や鉄道パーサー、指令所のスタッフと連携して、トラブルを解決するのも鉄道運転士の仕事です。

鉄道運転士の1日

鉄道運転士の仕事は、変則的なシフト制。正社員でも、仮眠を含めて1日中勤務することもあれば、朝から夕方にかけてのみ働く場合もあります。
今回は、もっとも一般的な朝出勤して夕方から夜まで働く場合の流れを見ていきましょう。

出勤から運転を始めるまでの流れ

出社したら、制服に着替え、当日のスケジュールを確認します。アルコール検査や健康状態のチェックはもちろん、当日の注意点や前任者からの引き継ぎ事項の確認も大切です。

また、鉄道はダイヤの正確性が命。
鉄道運転士の時計がずれていると正確に運転できないため、毎朝時計の時刻を合わせます。

始業から就業までの流れ

すでに動いている列車に交代要員として乗り込む場合は前任者から引き継ぎを受け、当日最初に列車を動かす場合は車両点検を実施してから運行開始です。
ただし、人間の集中力には限界があります。一日中運転をしているわけではなく、実際には業務の合間を見て休憩するのも仕事のうちです。

1日の仕事を終えたら終了点呼を受け、トラブル等の内容を報告して帰宅します。

まとめ

秒単位のスケジュールで動く鉄道運転士の仕事には、自己管理能力の高さが必要です。鉄道運転士を目指す方は、普段から予定を立ててこなしていく習慣をつくり、日々の業務をミスなく進められるように準備しておきましょう。

オープンキャンパス

↑ コース体験一覧はこちら ↑

様々なプログラムがございますので、お気軽にご参加ください。

- 卒業生が活躍中! -

  • bridal_sawairi

    ブライダル業界

    ジュエリーコーディネーター

    株式会社エフ・ディ・シィ・フレンズ

    澤入 優希

    昭和学院高校 出身


     

  • otake_bridal

    ブライダル業界

    ウエディングプランナー

    株式会社セルリアンタワー東急ホテル

    大竹 香緒里

    千葉敬愛高校 出身


     

  • gono

    トラベル業界

    手配業務

    株式会社JTBビジネストラベルソリューションズ

    互野 彩香

    千葉県立千葉女子高校 出身


     

PICK UP

  • お仕事ガイド
  • 学費サポート なんと在学中の学費が0円
  • チャイルドケアオブザーバー
  • よくある質問
  • 職業実践専門課程
  • 旅程管理主任者研修のご案内
  • ベスト進学ネット
    • Facebook
    • LINE
    • LINE
  • Facebook
  • LINE
  • LINE

オープンキャンパス

パンフ請求

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校