キャビンアテンダント
ホーム > 学科・コース > エアライン科 > エアライン科 キャビンアテンダントコース > キャビンアテンダントになるには、視力や身長など制限はあるのでしょうか

キャビンアテンダントになるには、視力や身長など制限はあるのでしょうか

キャビンアテンダントの視力や身長の制限は「外資系航空会社」か「国内航空会社」によって違ってくることをご存じですか?

キャビンアテンダント

「視力や身長に条件があるなんて、まるで差別」と感じる方もいるかもしれませんが、これは「業務を円滑にこなす」上で必要となる要素なのですね。

さあ、それではさっそく詳しい内容を見ていくことにしましょう。

キャビンアテンダントになりたい〜必要な視力とは?〜

「そういえばキャビンアテンダントさんって、メガネをかけている人がいないよね…」それに気づいた方は大変に鋭いと言えるでしょう。

フライト中、基本的に着席しているお客様と違って、キャビンアテンダントは立ち歩いて業務も行わなければなりません。

天候等によって揺れがひどいとき、お客様に適切な指示を出さなければいけない緊急時などでは、メガネをかけていることは危険なのですね。

よって一部の外資系航空会社以外は、フライト中のメガネ着用を禁じています。

しかし、国内の多くの航空会社では「コンタクトレンズをした状態(矯正した状態)の視力が1.0」あれば問題ありません。

ただし外資系の航空会社の中には「裸眼である程度の視力があること」を求める場合もあります。まだお若い方は、目に良くない生活習慣をしないように心がけましょう。

キャビンアテンダントになりたい〜必要な身長とは?〜

キャビンアテンダントに必要な身長と言われたとき、多くの方が「160センチ以上?」とイメージするかと思います。

実は、国内のほとんどの航空会社では身長制限を設けていません。
ただし、140センチ台以下の方は、どうしても身長がネックになる可能性もあります。

身長で制限が細かいのは、むしろ外資系航空会社のほう。
こちらはやはり「ある程度の身長(160センチ程度)」が求められると考えて下さい。

飛行機では上の棚に荷物を収納しますが、そこに届かない身長だとこの業務に支障をきたすことになります。(特に大型機の棚は、高い所にあります)

ですから、国内・外資系を問わず、キャビンアテンダントの条件として「最低限の身長」を求めています。

まとめ

キャビンアテンダントになるには、やはりある程度の条件(制限)があります。

特に身長では、不利になることもあるかも知れませんが、接客スキルをはじめとする「客室乗務員としてふさわしい資質」を身につけることが大切です。

最初から諦めてしまうことはありませんよ。

オープンキャンパス

↑ コース体験一覧はこちら ↑

様々なプログラムがございますので、お気軽にご参加ください。

- 卒業生が活躍中! -

  • hotel_170313_2

    ホテル業界

    フロントスタッフ

    ホテル日航成田

    本田 安紗美

    茨城県立麻生高校 出身


     

  • hotel_170313_3

    ホテル業界

    ゲストリレーションズ

    ホテルニューオータニ幕張

    三村 茉由

    茨城県立友部高校


     

  • nagami_train

    鉄道業界

    駅務係

    東武ステーションサービス株式会社

    永見 勇貴

    東葉高校 出身


     

PICK UP

  • お仕事ガイド
  • 学費サポート なんと在学中の学費が0円
  • チャイルドケアオブザーバー
  • よくある質問
  • 職業実践専門課程
  • 旅程管理主任者研修のご案内
  • ベスト進学ネット
    • Facebook
    • LINE
    • LINE
  • Facebook
  • LINE
  • LINE

オープンキャンパス

パンフ請求

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校