キャビンアテンダント
ホーム > 学科・コース > エアライン科 > エアライン科 キャビンアテンダントコース > キャビンアテンダントになるには、どんな資格や能力が必要になるのか

キャビンアテンダントになるには、どんな資格や能力が必要になるのか

oc0604airline

キャビンアテンダント(客室乗務員)になるための「有利な資格や能力があること」をご存じですか?

学生や就活中は新しい知識やスキルを身につけるチャンス!きちんと選べば就職にも有利になって、あなた自身の可能性も広がりますよ。

今回はキャビンアテンダント志望の皆様に「有利な資格や能力」をご紹介していきます。

就職に有利な資格はあるのでしょうか

キャビンアテンダント
キャビンアテンダントになるために「有利」というよりも「ほとんど必須」と言える資格が存在します。それが「英語力」です。

国内の航空会社は「TOEIC」などのスコアを1つの採用基準としており、大手(JALやANA)を志望される方は、最低でも600点は取っておきたいところ。

グローバル化が進む昨今、国内線においても外国人のお客様がいることが予想されます。
最低限の語学力がなければ、接客にも支障をきたすでしょう。

これが外資系航空会社ともなると「1段と高い英語力」が求められます。
外資系航空会社を狙う方は、今のうちから猛勉強(できれば英会話なども)しておくのが望ましいですね。

こんな能力があると就職に有利!?

第2外国語資格

中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、など、第2外国語が使える(あるいは語学検定資格がある)は、国際化に対応できる人材として高く評価される可能性があります。

看護系資格

「赤十字救急法救急員資格」など医療・看護系資格を有していれば、お客様の健康や生命を守る上でも心強いため、就職においても有利に働く可能性が期待できるでしょう。

手話検定

航空機のお客様の中には、当然手話でコミュニケーションを取る方もいらっしゃいます。

手話検定をもったキャビンアテンダントがいれば、そのようなシチュエーションにも対応できるため、選考でも注目される可能性があります。

秘書検定

高いコミュニケーションスキルや一般常識をもっていること、そしてきちんとしたマナーが身についている、と判断され評価の対象になる可能性があります。

キャビンアテンダントの資質に近い内容なので、資格を取得しておいても損はないかも知れません。

パソコンの技術

キャビンアテンダントとして経験を積むと、ごく稀に地上勤務の部署に配属されることがあります。

そうしたときは、業務でパソコンを扱えることが前提となりますので、余裕のある方は今のうちから「Word」や「Excel」の使い方を、ある程度は理解しておいた方が良いかも知れません。

まとめ

キャビンアテンダントになるには、上記以外にも「気配り」や「冷静な判断力」といった特性が必要です。

また、ワークバランスや体調などの自己管理で「メリハリをつけること」が得意な方も、キャビンアテンダントに向いた素質を持っていると言えます。

オープンキャンパス

↑ コース体験一覧はこちら ↑

様々なプログラムがございますので、お気軽にご参加ください。

- 卒業生が活躍中! -

  • miyahara_train

    鉄道業界

    車掌

    京浜急行電鉄株式会社

    宮原 聖

    千葉県立袖ヶ浦高校 出身


     

  • theme_graduate_2

    テーマパーク業界

    テーマパークスタッフ

    LEGOLAND® japan

    日下石 晴佳

    昭和学院高校 出身


     

  • fujimoto

    エアライン業界

    グランドスタッフ

    ANA成田エアポートサービス株式会社

    藤本 美優

    千葉県立八千代東高校 出身


     

PICK UP

  • お仕事ガイド
  • 学費サポート なんと在学中の学費が0円
  • チャイルドケアオブザーバー
  • よくある質問
  • 職業実践専門課程
  • 旅程管理主任者研修のご案内
  • ベスト進学ネット
    • Facebook
    • LINE
    • LINE
  • Facebook
  • LINE
  • LINE

オープンキャンパス

パンフ請求

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校