グランドスタッフ
ホーム > 学科・コース > エアライン科 > エアライン科 エアポートサービスコース > グランドスタッフになるには、どんな資格や能力が必要になるのか

グランドスタッフになるには、どんな資格や能力が必要になるのか

グランドスタッフ

グランドスタッフは空港地上業務を行うスタッフとして、様々なお客様と向き合わなければなりません。そこで「円滑なコミュニケーション」が取れることが何よりも必要になってきます。

「円滑なコミュニケーション」における大きな要素の1つとして、具体的には「語学力」と言えるかと思います。グランドスタッフになってからも、語学力の向上は常に目指さなければなりません。

就職に有利な資格はあるのでしょうか

グランドスタッフ
グランドスタッフの就職を目指す上で圧倒的に有利と考えられるのは「語学力」です。

グローバル化の波は世界各国の様相を変化させていますが、日本も例外ではありません。
東京オリンピックの開催を目前に、と言うまでも無く、日本には毎年多くの外国からのお客様が訪れています。

「日本国の玄関」として、外国からのお客様を「おもてなしすること」は、日本の観光産業の発展にも大きく影響します。
ある意味では、グランドスタッフの接客やコミュニケーション能力が、日本の国益を左右していると言っても決して言い過ぎでは無いかと思います。

空港は特に、多言語が飛び交う「グローバルな空間」と言えますから、外資系の空港や、国際便ではない「国内線」においても、相応の英語力が求められます。

そもそも各航空会社では「TOEIC550〜600点以上」を必須の条件として掲げていることがほとんどで、反対に「語学力は要りません」という航空会社はまずないと考えましょう。

こんな能力があると就職に有利!?

グランドスタッフ
上記で「英語力」の話が出ましたが、TOEIC550〜600点以上は「最低ライン」です。できればできるだけの高得点獲得を目指すべきです。
その上で、会話として使える実践力や、外国の方ともスムーズにやり取りできるコミュニケーション力が求められます。

さらに、日本を訪れるお客様は「英語圏」ばかりとは限りません。そのため、中国語やドイツ語など、第2外国語ができることは就職にたいへん有利でしょう。

なお「アマデウス」「AXESS(アクセス)」など航空関係の業務コンピュータの知識もあれば就職には有利でしょう。
AXESSには実用検定(1〜3級まで)があり、アマデウスシステム検定もSpecialist (初級)、Expert (中級)、Air Expert (中級)およびMaster (上級)の4種類のコースがあります。

時間のある方はぜひ検定を受けておくべきです。

この他、コミュニケーションの手段として「手話」などができても、案外大きなポイントになるかと思います。

まとめ

グランドスタッフの就職を目指す方は、普段から航空業界に関心を持っておくと、面接や筆記試験で有利となるでしょう。

ただ気持ちばかりの先行した「好き」という気持ちだけでは評価されにくいかもしれません。
そして、時事や業界の動きなど「最低限の知識」は有しておくべきです。

オープンキャンパス

↑ コース体験一覧はこちら ↑

様々なプログラムがございますので、お気軽にご参加ください。

- 卒業生が活躍中! -

  • akiyama_airline

    エアライン業界

    エアカーゴ・オフィスワーク

    国際空港上屋株式会社

    浜野 理恵

    La Naval Academy 出身


     

  • ozeki_train_1

    鉄道業界

    駅務係

    東京地下鉄株式会社(東京メトロ)

    小関 亜耶

    二松学舎大学附属沼南高校 出身(現 二松学舎大学附属柏高校)


     

  • fujishiro_airline

    エアライン業界

    グランドハンドリング

    ANA成田エアポートサービス株式会社

    才木 愛海

    千葉県立佐倉西高校 出身


     

PICK UP

  • お仕事ガイド
  • 学費サポート なんと在学中の学費が0円
  • チャイルドケアオブザーバー
  • よくある質問
  • 職業実践専門課程
  • 旅程管理主任者研修のご案内
  • ベスト進学ネット
    • Facebook
    • LINE
    • LINE
  • Facebook
  • LINE
  • LINE

オープンキャンパス

パンフ請求

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校