グランドスタッフ
ホーム > 学科・コース > エアライン科 > エアライン科 エアポートサービスコース > グランドスタッフとして働く人の、生活や仕事内容を見てみよう!

グランドスタッフとして働く人の、生活や仕事内容を見てみよう!

グランドスタッフ

グランドスタッフの仕事に就いたら「なるべく空港から近い場所に住んだほうがよい」ことをご存知ですか?
実際にそのようにしている方も多く、早朝の出勤や深夜の帰宅時などはタクシーの相乗りを行ったりもするのです。

グランドスタッフのお仕事は体力勝負!仕事内容は、決してカウンター業務だけではありません。

グランドスタッフの方の勤務形態を見てみよう!

グランドスタッフ
グランドスタッフの勤務形態はシフト制になっています。
早朝からお昼までのシフトを「早番」、お昼から夜までのシフトを「遅番」と呼ぶことが多いようで、早番・遅番を交互に行うなど、これらを組み合わせて勤務につきます。

各シフトでおよそ7~8時間程度の労働時間に設定されているケースが多いようですが「24時間オープンの空港」の場合には、もう少し違ってくるでしょう。

休日は月の1/4程度は取れるかと思います。
土日ではなく、平日が休日になることも珍しくありませんが、各施設も比較的空いている曜日なので、ゆったりとお休みを満喫できるでしょう。

グランドスタッフの方の1日を見てみよう!

早番スタッフの1日は、まず「起床時間が早い」という点が特徴的です。

早朝6時オープンの空港に勤務している方は、1時間前(5時)の到着を目指して4時頃には起床しなくてはなりません。朝食やメイクなどの時間も考えるとなかなか大変ですね。

このような早朝は電車やバスなどが動いていないケースも多いので、タクシーを利用して出勤する方も少なくないとか。
航空業界は何よりも時間にシビアですから、空港から近い場所に住む業界関係者が少なくないのも納得ですね。

空港に到着したら「着替え」をおこない「ブリーフィング」に入ります。

「ブリーフィング」とは「報告や打ち合わせの会議」のこと。
本日の天候から、便の欠航、遅延、予約率、満席情報ほか、その他の注意事項などが伝えられます。

その後、ランチタイムなどを挟みながら「カウンター業務」を中心として「お客様の案内」「各部署への連絡や伝達」「搭乗ゲートでの接客」などの仕事を行います。

早番シフトが終われば、遅番シフトのスタッフへと仕事を引き継ぎます。

まとめ

今回ご紹介した「1日の勤務モデル」はあくまでも「基本」であって、実際にはイレギュラーな事態に対応すべく、時間が前後することも。時には食事時間を削ることもあるのです。

このようなグランドスタッフの生活や仕事を楽しめること。
これが何よりも、グランドスタッフを目指す上で大切な「才能」と言えるのかも知れませんね。

オープンキャンパス

↑ コース体験一覧はこちら ↑

様々なプログラムがございますので、お気軽にご参加ください。

- 卒業生が活躍中! -

  • ishida_train

    鉄道業界

    駅営業係

    東海旅客鉄道株式会社(JR東海)

    石田 哲平

    千葉県立津田沼高校 出身


     

  • hotel_170313_3

    ホテル業界

    ゲストリレーションズ

    ホテルニューオータニ幕張

    三村 茉由

    茨城県立友部高校


     

  • yamamoto_airline

    エアライン業界

    エアカーゴ・オフィスワーク

    株式会社ANA Cargo

    山本 彩奈

    千葉県立四街道高校 出身


     

PICK UP

  • お仕事ガイド
  • 学費サポート なんと在学中の学費が0円
  • チャイルドケアオブザーバー
  • よくある質問
  • 職業実践専門課程
  • 旅程管理主任者研修のご案内
  • ベスト進学ネット
    • Facebook
    • LINE
    • LINE
  • Facebook
  • LINE
  • LINE

オープンキャンパス

パンフ請求

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校