観光/トラベル・ブライダル・ホテル・エアライン 業界を目指す専門学校

"おもてなし"のプロフェッショナル

キャンパスブログ

異文化理解

2015年12月14日

エアライン科の湊ですconfident

もうすぐクリスマスxmasそしてお正月fujiと、慌ただしい季節ですねdash
年末年始に旅行される方もいるのではないでしょうかflair
とはいえ、パリでのテロ事件以降、ヨーロッパの旅行は控える方も多いと思います。

私が客室乗務員をしていた頃airplaneベルギーに住んでいました。
ベルギーには、同じくフランス語を母国語とするモロッコやアルジェリア、
そして、以前植民地だったコンゴなどからの移民が多く暮らしています。
彼らはベルギー国籍を取得していますが、それぞれの宗教や文化を変えることはほとんどありません。
私たち日本人が外国へ行ってみて初めて日本の良さに気付き、日本人であることを誇りに思うように、
彼らも自分たちのアイデンティティに誇りを持っています。
けれど、ベルギー人にしてみれば、ベルギーに来て暮らしているのだから、
もっとベルギー人らしくしてもいいんじゃないか、と思うのです。
その言い分もわかります。

お互いの立場を尊重しながら、折り合いをつけて共生していくのは難しいですねsweat01

空港も、様々な国籍、文化が混じり合う場所です。
そのような環境で働くことは面白いupと思える方は、ぜひエアライン科へwinkshine

エアライン科 | 2015年12月14日17時39分 | この記事のリンク

最新記事

月別記事

ログ検索

PICK UP

上部へ

国際トラベル・ホテル。ブライダル専門学校